ホーム > 会社案内 > 社歴

社歴

1935年に創業者安藤捨松が東京・谷中でスワン社を創立。
現在は、拡大する中国ネットワークとともにOEM・ODM事業を中心に成長を続けています。
永年培った信頼と実績を大切に、お客さまはもとより社会にとっても最高の製品をお届けいたします。

1935年(昭和10年) 9月、安藤 捨松がスワン社を創立。ゴム布製品、ベビー用品の製造卸業を開業。
1949年(昭和24年) 秋、ビニール生地を入手。
高周波機械にて各種製品(ビニール製ベビー用品、玩具、雑貨)製造卸業を開始。
1951年(昭和26年) 組織を改め、有限会社スワン社を創立。
1959年(昭和34年) 各種製品の輸出(直貿、間貿)業務開始。
1966年(昭和41年) 9月1日、株式会社に組織変更。
1972年(昭和47年) 輸入業務を始め、台湾、香港、泰国、米国より直輸入。
特に台湾よりビニール製品、日用品雑貨等を輸入し、国内各百貨店に直販売。
1978年(昭和53年) 安藤 敬が社長に就任。
1982年(昭和57年) 9月1日、文京営業所を新設。
1988年(昭和63年) 4月22日、香港に、日本・香港・台湾の合弁会社SWAN PLASTIC PRODUCT LTD.(H.K.)を設立。
併せて、中国広東省東莞市にビニール高周波製品を主体とする生産工場開設。
1989年(平成元年) 11月1日、茨城県猿島郡三和町に(株)スワン社倉庫を開設。
1990年(平成2年) 香港にJCT. WORLDWIDE (H.K.) LTD(ホールディングカンパニー)を設立。
1991年(平成3年) 株式会社JCTジャパンを設立。
1994年(平成6年) 本社ビル(台東区谷中)新築完成。
1998年(平成10年) 香港にSWAN FAR EAST LTD.を設立。
SWAN PLASTIC PRODUCT LTD.がISO9002を取得。
2001年(平成13年) 広東省中山市にMODERN SWAN TOY MANUFACTURING LTD.新工場建設。
2009年(平成21年) 安藤 秀一が代表取締役社長に就任。

海外OEM/ODM生産のスワン社トップへ